メニュー

たかくらとくらす Takakura Official online store

マイページ
カート
  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 夏は腸冷えが危険!内臓冷え・便秘を解消する効果的な腸活とは?
コラム

夏は腸冷えが危険!内臓冷え・便秘を解消する効果的な腸活とは?

夏は腸冷えが危険!内臓冷え・便秘を解消する効果的な腸活とは?

“夏になるとどうも体調が悪くなりがち”

そんな方は「腸冷え」が原因かもしれません。腸が冷えて便秘になると、悪玉菌が増殖して腸内に腐敗物質が増加、その腐敗物質によって腸粘膜がダメージを受けます。

そうなるとさらに食欲も低下して、ビタミンミネラルが不足がちになります。夏バテによる体力低下やだるさは、じつは脱水や隠れ栄養失調が原因かも。暑い夏でもできる腸冷え解消対策で夏便秘を解消しましょう。

この数年、年々夏の暑さが厳しくなっています。外は灼熱、建物の中は冷蔵庫の様な涼しさ、寒暖差が激しくて自律神経のコントロールが難しくなるという方も多いかもしれません。エアコン下では手足の冷えを感じるかもしれませんが、お腹の中「腸」も冷えているのです。内臓が冷えると腸の動きが悪くなり消化機能が低下します。

「そうめんしか食べられない」

これは腸冷えのサインかもしれません。

夏バテを引き起こす「腸冷え・内臓冷え」の3大原因

便秘

健康的な人の腸内温度は37度~39度くらい、腸の中が36度を下回ると免疫細胞の働きが低下します。便秘の方の腸内温度は36度以下に下がることも。固くて冷たいお腹は「腸冷え」のサインです。

エアコン

一日中、冷たい風にあたっている状態では身体の表面だけではなく、内臓や腸も冷えてしまいます。

冷たい食べ物

冷たいそうめん、アイス、生ビール、暑い夏に美味しいと感じる食事は腸冷えの原因となります。

汗をかいて濡れたままの衣類を着ていると冷えやすくなります。下着やインナーの替えを持ち歩きましょう。

腸冷え・内臓冷えからくる夏便秘を解消する効果的な腸活とは?

下着を上手に活用しましょう

寒暖差が激しいと自律神経が乱れて腸の動きが悪くなります。クーラーの中でも身体を冷やさないよう上着を着て体温の低下を防いで下さい。

脱水予防のためにしっかり朝食を摂りましょう

身体の水分補給に朝味噌汁が最適!根菜などの野菜はゆっくり水分が吸収されるため日中の熱中症予防に効果的。身体の水分が足りないと腸管の水分が吸収されてしまい便秘の原因となります。

身体に必要な基本栄養素を補給しましょう

普段からビタミンミネラルが不足していると、身体全体の活動が低下し腸の動きも悪くなります。また、脱水になった時に重篤な熱中症になりかねません。毎日必要な栄養素をきちんと摂るよう心がけましょう。

腸が冷えると身体を守るバリア機能が低下してしまいます。腸冷えを予防して暑い夏を元気に乗り越えましょう。

   

布施 公予(胃腸 良子)
フセ キミヨ(イチョウ ヨシコ)

看護師、内視鏡技師、介護支援専門員(ケアマネ)として、計15年間延べ1万3千人の患者さんを看てくる中で得た「健康な胃腸なくして美は得られない」ということ。健やかな胃腸とは必要な栄養素を吸収して排泄できるもの。多くの患者さんを診てきたから伝えられること。美健康を胃腸から発信しています。

看護師・第一種内視鏡技師・介護支援専門員・介護保険 認定調査員・BLS ヘルスケアプロバイダー(救命救急)・一般社団法人日本臨床栄養協会認定 NRサプリメントアドバイザー

胃腸良子のアンチエイジングサプリメント外来 https://ameblo.jp/kimiyo4474/
美腸ブログ https://www.nurse-cure.com/blog/

   

消化器専門看護師「胃腸良子」さんの腸活コラム
過去の連載

   

followme
line mail