毎月第三水曜は正午から24時間限定でダブルポイント

メニュー

たかくらとくらす Takakura Official online store

マイページ
カート
  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 「規格外」の有機野菜や果物を「あえて」使う理由。
コラム商品開発ストーリー

「規格外」の有機野菜や果物を「あえて」使う理由。

「規格外」の有機野菜や果物を「あえて」使う理由。

先日、たかくらとくらすのお客さまにご協力いただいた「食品選びで大切にしていること」に関するアンケートでは、

「家族や自分の健康のために身体に悪いものは食べたくないから原材料を見るようにしている」「継続できなければ意味がないので、続けられる価格であるかを気にする」などのご回答が多くございました。

そんな中、「原材料」や「続けられる価格か」に次いで多かったご意見として「透明性」と回答されるお客様も多く見られました。

とある大手企業のジュースが実際とは異なる表記をしていたことなどが取り上げられ、広告表現などに対して疑わざるを得ない状況になっている中で、

「どこで」「どんな風に」「誰が」「どんな想いで作っているのか」といった部分が、重要になっています。

そういった事を発信していくことも、私たちの役目なのではと、改めて考えさせられました。

そこで早速、「有機植物発酵エキス」を製造されているリスペクトの皆さんに直接お話を聞こうと、滋賀県にある工場へお話を聞きに行ってきました。

どのようにして有機植物発酵エキスが出来上がるのかを、工場内を見学させて頂きながら教えて頂き、本当に良い商品であることを再認識いたしました。

「有機植物発酵エキスが出来るまで」については、こちらで詳しく記載しておりますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

有機植物発酵エキスの「美味しさ」の理由は「手間」にあった。

今回私が皆さんにお伝えしたい内容は、リスペクトさんの「素材選びに対する想い」についてです。

リスペクトさんが「規格外」の有機野菜や果物を「あえて」選ぶ理由

今回実際にお会いし、お話を伺う中で個人的に印象的だったのが「あえて、規格外で出荷できない野菜や果物を選んでいる」という点でした。

規格外と聞くと、「そんなものを使ってだいじょうぶなのか」と考える方もいるかもしれませんが、ここで言う「規格外」とは、

「長さが1センチ足りない」などのサイズが規格に満たないものや、「曲がってしまっている」「傷がついている」などの形などの規格に満たないなどという理由で、

一般の商流から外れてしまった有機野菜や果物であり、もちろん栄養価などには一切問題のない野菜や果物です。

初めに「規格外の野菜や果物をあえて使っている」と聞いた時は、「よりリーズナブルな価格でつくるため」かと思いましたが、リスペクトさんが目指していることは、もっと先にありました。

厳しい出荷基準による廃棄の現状

日本国内の有機農業の取り組み面積の、耕地面積に占める割合は現在0.6%と、2010年と比較して51%増加しているというデータがあります。(令和2年時点 / 有機JAS認証を取得していないものも含む)

※農林水産省 農産局農業環境対策課 「有機農業をめぐる事情」より引用

しかし一方で、厳しい出荷基準の問題は残存しており、基準緩和に向けた取り組みもされておりますが、いまだに規格外品の廃棄の問題は残ったままです。

昨今は「フードロス」の観点から注目が集まっており、規格外による廃棄に着目したサービスなども出てきてはいるものの、より抜本的な解決策も必要となっております。

有機野菜や果物は、農薬や化学肥料を大量に使用した野菜に比べて栄養価も高く、美味しく食べることができるますが、一方で出荷基準に満たない「規格外の有機野菜や果物」がたくさん出てきてしまうのも事実で、

規格外品は一般的に、値段を大幅に下げて独自の商流で販売するか、買い手がつかなければ「廃棄」になってしまうという悲しい現状があります。

そもそも、有機農法などの特性などを考慮した、独自の出荷基準などを含む制度が存在しないことも、問題を複雑化させていると感じます。

規格の野菜と変わらない価格で買い取ることへのこだわり

そこでリスペクトさんは、形やサイズによって出荷ができなくなってしまった「規格外の有機の野菜や果物」を、大きな値引きを要求せず、規格の野菜と変わらない価格で買取り、有機植物発酵エキスを作っています。

私たちの健康を維持するために、有機野菜が果たす役割は大きく、その有機野菜や果物を作る農家の方々の役割もそれ以上に大きいと考えます。

有機農家がこれから先も持続可能に生産を続けられ、これから先も国産の有機野菜や果物を私たちが食べていけるように、こういった課題に対して行動する意味があるのです。

私たちにできることは

リスペクトの皆さんの想いを受けて、この記事を書き、有機植物発酵エキスを既に飲まれている方や、これから飲みたいと思ってくださる方に届けたいと考えました。

これがどれだけお役に立てるかはわかりませんが、まずできることをコツコツやっていくことが重要だと感じます。

実際に私も毎日有機植物発酵エキスを飲んでいる一消費者として、

リスペクトの皆さんの想いは、私が有機植物発酵エキスをこれからも飲み続ける理由の一つになりましたし、私がこれを購入し続けることで、少しでもリスペクトさんを通じて有機野菜や果物の生産者の方のサポートができるのであれば、これから先も飲み続けたいと感じました。

今後も地道に生産者の方々とお客さまをつなぐ役割を全うしていきたいと思います。

「規格外」の有機野菜や果物を使う「やさしい」理由。

お試しセットをご購入の方に、「500円OFFクーポン」をプレゼント中

現在、「 お試し5日間分」をご購入いただくと、有機植物発酵エキス180g にご利用いただける「500円OFFクーポン」をプレゼントしております。ぜひご利用くださいませ!
※500円OFFクーポンは商品と一緒に同梱をさせていただきます。

「お試し5日間分」はこちら

だいじょうぶなもの

植物発酵エキス <お試し用・5日間分>

¥540(税込)

「持ち運びにも便利な、30本セット」はこちら

だいじょうぶなもの

植物発酵エキス スティックタイプ <30本・1ヶ月分>

¥4,104(税込)

単品商品は、1日あたり90円。
定期コースなら、1日あたり81円。

だいじょうぶなもの

有機植物発酵エキス 180g

今回のコラムを書いた人

たかくらとくらす 副店長

片野(かたの)


社会課題の解決をライフワークに持つ、ミレニアル世代。

19歳で始めたゴミ拾いをきっかけに、社会課題に関心を持つようになり、今でも週末にゴミ問題や地球温暖化などの解決を目的とする団体で代表を勤めております。読んでいただく皆様にとって有益な情報を発信できるよう尽力します!