たかくらとくらす Takakura

  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 春も蚊の季節?活動の時期や寿命を知って対策に役立てよう。
column

春も蚊の季節?活動の時期や寿命を知って対策に役立てよう。

春も蚊の季節?活動の時期や寿命を知って対策に役立てよう。

3月頃から日中も過ごしやすい気候になり、春のイベントは目白押し。お花見や運動会、ゴールデンウイークの長期休暇もあり、キャンプ、BBQなど、アウトドアを楽しむには持ってこいの季節になります。外で楽しく過ごしたいですが、長時間外にいると、虫に刺されるリスクも…。刺されてしまうと、かゆみだけでなく、伝染病などにかかってしまうこともありえますので、可能な限り接触は避けたいものですよね。

今回は春からもう対策が必要な、蚊についてご紹介します。

日本にいる蚊はどんな種類

全ての種類の蚊が吸血するわけではなく、吸血しない種の蚊も存在します。国内で私たちの血を吸うのは

・ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)…東北中部以南に生息
・アカイエカ…主に北海道から九州に生息
・チカイエカ…アカイエカの亜種で都会に多く生息

の3種類といわれています。

どんなエサを蚊は好むの?

蚊は血だけを栄養源とし、常に吸血のチャンスをうかがっていると思われがちですが、主に果物に含まれる糖分や花の蜜をエサとし、交尾後の産卵期のメスだけが栄養を蓄えるために血を吸います。

蚊はどんな一生?

蚊は水辺に卵を産みつけ、幼虫(ボウフラ)へ孵化し、さなぎから成虫になります。蚊の繁殖に適した気温である25~30度が続くと、早ければ10日ほどで卵から成虫へと育ちます。

蚊の寿命は?

気温や季節などの条件によっても様々ですが、蚊の成虫の寿命は14〜21日ほどです。その間の吸血回数は4〜6回と言われています。

実は春から注意が必要!

「蚊は夏の生き物だから夏になってから対策しよう」と思っている方が多いかと思います。しかし、気温によっては、蚊は夏だけでなく、春や秋も血を吸うと言われています。

以下は私たちの身近な蚊が活発に活動できる気温条件です。

・アカイエカ 25度
・ヒトスジシマカ 25~30度

蚊はこの気温下で最も活動的になると言われており、さらに、ヒトスジシマカは35度、アカイエカは30度を超えると、死んでしまうこともあるそうです。死に至らずとも、適温を超えると活動が鈍ります。そのため、夏の最高気温35度前後が当然となり、春から秋にかけて長い期間で25度以上を記録するようになった近年の日本においては、「真夏以外の時期にも蚊に刺される可能性が高い」ということになります。

アカイエカとチカイエカの活動のピークは真夏前後ですが、ヒトスジシマカは、気温の比較的低い真夏の朝夕に活発に活動・吸血します。春や秋でも25度を超えることも多いため、真夏でなくとも血を吸うために活発に動き回ることがあると考えられるのです。

春も欠かせない!蚊の対策方法とは?

蚊に刺されると、かゆくてたまらないのはもちろんですが、冒頭にも述べた通り、蚊が媒介する伝染病によって命の危険にまで発展するリスクもあるのが怖いところです。蚊は人や動物の血を吸いながら、「マラリア」「日本脳炎」「フィラリア」「デング熱」「ウエストナイルウイルス」などの病気を媒介します。

地球温暖化や国際化によって、これまで日本国内では感染しなかったような伝染病にまで、かかってしまうようなリスクが増えています。

まもなく春。アウトドアが楽しい季節の到来です。刺されることを気にせず、思いっきり屋外レジャーを楽しめるように、蚊の対策ポイントを押さえておきましょう。

いつまで蚊の対策をしたら良いの?

気温が25度~35度の間は、対策が必要です。お住まいの地域の気温によって異なりますが、早くは3月から、暖かい気候が続く10月ころまでは対策することをオススメします。

蚊の対策はどうしたら良いの?

蚊の発生源を絶つ

蚊はわずかな水たまりがあれば卵を産みます。下水溝や古タイヤ、空き缶などの水たまりからも卵が孵化してしまうので、そういった水たまりを見逃さないようにしましょう。そうすることで蚊の発生源を根絶し刺されるリスクを低くすることができます。

あわせて駆除剤を使用したり、庭に池や水瓶がある場合は、ボウフラを捕食する虫や魚を利用したりすることで、幼虫のうちに退治することも大事です。駆除剤は十分に環境に配慮した上で、使用するようにしましょう。

蚊が近寄りにくくする

まず、家の中に入らないよう網戸をしっかり閉めましょう。蚊帳を張ったり、換気扇にフィルターをするのもオススメです。外出時には、長袖・長ズボンなど肌を露出しない衣類で物理的に防ぐのが基本です。室内外問わず殺虫・忌避剤を置いたり蚊取り線香を炊いたりすることも重要です。外出時には忌避剤を肌や衣類につけ、さらに携帯して、用法用量を守った上で塗布するなどの方法も採るとよいでしょう。線香を含め、忌避剤には天然由来のものと合成成分のものがあります。求める効果の程度や身体への影響も考慮し、成分を把握したうえで選ぶことをオススメします。

さらに蚊は習性として、二酸化炭素の濃度が高いところや、周辺より温度の高いところに向かう癖があります。ビールなどのアルコール類を摂取した後や運動後は、より気を付けて対策を行うことが大切です。また、一般的に子供は大人よりも高体温であることが多いので、より一層の注意が必要でしょう。

蚊に刺されてしまったら?

どうして蚊に刺されると痒くなるの?

蚊は血を吸う時に、血液が固まるのを防ぐ成分を含んだ唾液を注入します。その唾液に対してアレルギー反応が起き、かゆみが発生するのです。場合によっては赤くなったりミミズ腫れのようになることもあります。

つらいかゆみを軽減するためには?

蚊が皮膚に止まっているのを発見した場合、「たたかずにはじく(唾液を体内に入れないように)」「止まっていた箇所を石鹸で洗う」「血を吸われたら、かゆみを抑制・麻痺させるものを塗る」などの方法が有効です。

まとめ

蚊は夏だけでなく、暖かくなる春からも対策が必要となってきます。かゆみだけでなく伝染病にかかってしまう可能性もあるため、刺されないように最大限注意した上で、屋外での活動を楽しむようにしましょう。

   

followme
line mail