たかくらとくらす Takakura

  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 妊婦さんのマイナートラブルQ&A
column

妊婦さんのマイナートラブルQ&A

妊婦さんのマイナートラブルQ&A

妊娠すると、女性の身体は劇的に変化します。外見はもちろん、見えない部分にもたくさんの変化が起こり妊娠の喜びと同時に、辛さや悩みも抱えることになります。少しでも楽しく快適にマタニティライフを送りたい!そう願う妊婦さんの悩みにお答えします。

マイナートラブルQ&A

ホルモンバランスが大きく変わった女性の身体に次々と襲いかかるマイナートラブル。治療の必要はないとはいえ、少しでも楽しく快適にマタニティライフを過ごしてほしいから・・・。多くの妊婦さんが抱える悩みにフォーカスしてオススメ対策をご紹介します!

脇や乳首の黒ずみが気になる・・・

Q.
妊娠してから、じょじょに乳首が黒ずんできました。これは、産後は治るのでしょうか?妊娠中でも、黒ずみをなくしたり減らしたりする方法はありますか?

A.
妊娠すると、胎盤から分泌されるホルモンによって、メラニン分泌が促進されます。そのため、色素沈着が起こり、シミができやすくなったり、脇や乳首、デリケートゾーンなどが黒ずんだりします。メラニンは肌を強くするので、増やす(黒くなる)ことで、産後の授乳による肌への刺激に備えるとも考えられています。産後、ホルモンバランスが元に戻るにつれ、色も自然に戻りますので、必要以上に気にする必要はありません。黒ずみを完全になくすことは難しいですが、気になる場合は、清潔と保湿を心がけながら、美白ケア用品や各部位専用の黒ずみケア用品などを使うことで、軽減できることもあります。

関連アイテム

made of Organics

ホワイライト DE ロールオン
<フレッシュシトラス>

50mL ¥1,500(税込)

おりものはどうケアしたらいいの?

Q.
妊娠しておりものの量がかなり増えました。妊娠中は、どんなケアをするのがいいのでしょうか。普段と同じでだいじょうぶですか?

A.
臭いや色、状態が普段と大きく異なる、かゆみや腫れを伴うなどの場合は受診が必要ですが、量が増えるのは女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えることに由来するので、ごく自然な現象です。一般的には、下着を交換する、おりもの用のパッドを使う、シャワーやビデで洗浄するなどのケア方法があげられます。妊娠時は普段よりデリケートになっているので、過度な洗浄は避けながら清潔を保つ必要があります。蒸れにくくするため、コットン素材の使い捨てライナーや布のライナーを使う、通気性のよい下着を選んで着用することなども有効です。最近は、デリケートゾーン専用のケア用品も市販されているので、そういったものを利用するのもオススメです。

関連アイテム

Pubicare organic

ピュビケア オーガニックは、デリケートゾーン専門美容サロンから生まれたオーガニックスキンケアブランド。

ほてって、なかなか眠れない

Q.
妊娠がわかったばかりです。身体が熱く、ほてった感じが続き、夜、寝つきにくくて辛いです。少しでも楽になる方法はありますか。

A.
妊娠すると、ホルモンの関係で微熱程度の体温の高い状態をキープします。そのため、多くの妊婦さんが、身体がぽかぽかする、ほてると感じるようになります。頭や首、額などをアイスノンや冷たいタオルなどで冷やすと楽になります。また、冷感作用のあるボディローションなどは、携帯できるので自宅以外でも使えて便利です。

関連アイテム

PERFECT POTION
クールミント ボディミスト
125mL ¥1,600(税抜)

屋外でのスポーツやレジャーの時に、ミントのシャワーでクールダウン。
ペパーミント+ハッカ配合の清涼感たっぷりの香りで、頭から足の先まで全身にご使用いただけるボディスプレー。

まとめ

妊娠中は、多くの薬を服用することができなくなります。周囲に理解や協力を求めながら、辛い症状を軽減する方法を、医師や先輩ママにアドバイスしてもらうとよいでしょう。

参考文献・サイト

スキンケア大学
にんしん「こむらがえり
All about「妊娠・授乳中の薬と健康

followme
line mail