たかくらとくらす Takakura

  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 最初が肝心!初めての愛犬の歯磨き5ステップ
column

最初が肝心!初めての愛犬の歯磨き5ステップ

最初が肝心!初めての愛犬の歯磨き5ステップ

たかくら新産業で企画開発している商品を、開発や販売に関わるスタッフが自ら使い、おすすめの使い方をお伝えするこちらのコーナー。 今回は、気になる愛犬の歯磨きアイテムの使い方をペットアイテム開発の高杉がご紹介します。

3歳以上の成犬の8割が歯周病!?

皆さん愛犬の歯のケアしていますか?

「うちの子はだいじょうぶよ」という方も多いと思いますが、実は、3歳以上の成犬の8割が歯周病と言われているんですよ。本来、犬の歯は虫歯になりにくいと言われています。それは犬の口の中はph8~8.5のアルカリ性なので細菌が繁殖しにくいこと、デンプンを糖に分解する酵素がないため、口の中に糖があまり存在しないことから、虫歯になりにくいと言われているのです。

しかし、口の中に食べ物のカスが残っていれば、歯垢が溜まり、やがて歯石になったり、歯周炎を起こして、歯周病になってしまいます。犬の食事としてすっかり定着しているドッグフードも、水分を含んで、食べカスになりやすく、特に上あごの奥に溜まって、歯垢がつきやすくなる食べ物です。

しかし、歯垢のうちならば、歯磨きで十分落とすことができます。歯周炎や歯石になる前に、歯磨きケアをすることがとても大切なんです。今回は、愛犬の歯磨きを始めようという方に、made of Organics for Dogトゥースペーストを使って、5ステップでできる歯みがき方法をご紹介します。

初めが肝心。歯みがき5ステップ

初めて歯を磨くとき、いきなり歯ブラシを口に入れられ、歯磨きが嫌いになってしまう犬もたくさんいます。まずは、犬の口の中に人が指を入れても大丈夫になるよう、慣らすことからはじめましょう。

ステップ1 さわられることを褒めて慣らす

まずは、じっと口の周りを触っても嫌がらなくなったら褒める。唇をめくっても、じっとしていられたら褒めるということから始めます。 大丈夫になったら、人の指を歯ブラシに見立て、歯や歯茎を触ってみます。マッサージをする様に、少し力を入れたり、歯に少し爪を立ててみることもしてください。

もしできたら、犬を横に寝そべらせてやってみましょう。犬もリラックス出来て、人も歯が良く見えてやり易くなります。上手に出来たら、たくさん褒めてください。

ステップ2 人の指やガーゼで歯を触る

ここまで出来たら一安心です。この段階で、歯磨きペーストなどを使って、人の指で歯茎のマッサージが出来るようになれば、目的は最低限達成されます。 指にガーゼ等を巻きつけて擦ることができればOK!

ステップ3 歯ブラシにも慣れされる

歯ブラシを好きにさせます。壊してもよい歯ブラシをオモチャ代わりにして、ブラシの感触を好きにさせるのはとても効果的です。
※遊ぶ時には目を離さないようにしましょう。

ステップ4 歯ブラシでみがいてみる

ステップ2と同じ様に、歯ブラシで歯と歯茎を触られることに慣らして行きます。大丈夫になったら歯磨きペーストも使い、しっかりブラッシングをしてください。

made of Organics for Dogトゥースペースト<ミント味>はアロエベラ液汁をベースにした柔らかいペースト状で低刺激。100%天然成分なので毎日お使いいただけますよ。

ステップ5 歯垢が付きやすいところはしっかりと

長い時間我慢ができない場合は、特に歯垢が付きやすいところ、上あごの外側や、犬歯などだけしっかり磨かせてくれればOK!というところから始めましょう。

まとめ

今回は犬の歯みがきについてご紹介しました。少し大変そうな印象を感じる方も多いですが、歯みがきの習慣づけは小さい頃から慣れさせることが重要です。ぜひ少しずつでも取り組んでみてはいかがでしょうか?

アイテムについて

made of Organics for DOG
オーガニック トゥースペースト<ミント味>
75g ¥1,300(税抜)

オーガニックのアロエベラ液汁をベースに海塩や各種植物成分など100%天然成分のみで作られている為、安心してご使用できるトゥースペースト。飲み込んでしまっても安全な成分のみで作られている為、毎日お使いいただけますよ。

followme
line mail