メニュー

たかくらとくらす Takakura Official online store

マイページ
カート
  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 春のかゆみ問題は弱った粘膜にあり!?―Pubicare サロン コラム―
コラムフェムケア

春のかゆみ問題は弱った粘膜にあり!?―Pubicare サロン コラム―

春のかゆみ問題は弱った粘膜にあり!?―Pubicare サロン コラム―

ピュビケアサロン白金台のオーナー姉妹です。

日本で初めて、デリケートゾーン専門美容サロンを始めました。

その「ピュビケアサロン白金台」にお越しになったお客様のお話を、ハガキ投稿をパロった形式で雑談していこうと思います。

不定期ですが、よろしくお願いいたします。デリケートな部位のデリケートな話で、不快に思う方がいらっしゃるもしれませんが、ご容赦くださいませ。

20代 OL(女性)のかたのお話

春になると必ずといっていいほど、デリケートゾーンがかゆくなります。毎日きちんと洗って清潔にしているのに。。。

生理前は特にひどく、どうしたらいいのでしょうか?

職場、人間関係、仕事内容…春は“変化”の季節!

:春になったら新しい気分になって美容にも力が入るわよね。

:今年はミニボトムやヘソ出しファッションが流行っているから、肌の露出が増えて、脱毛やスキンケアは必須よね。

:冬の間、マスク生活だし、肌を隠すファッションも多かったせいか、美容への意識が疎くなっていたからね。春になって慌ててマイクロニードル配合のスキンケアを始めたの。なまった皮膚を鍛えなおそうとと思って!

;皮膚もダラけさせるとダメなのかしら?すぐにたるんじゃうわよね。春になったし、体も皮膚も鍛えなおさなくちゃ!

:お客様の声にもあった春のデリケートゾーンのかゆみ問題。これも、粘膜が薄く、弱ってくることで起こるトラブルのひとつ!

かゆみ問題はいくつか原因があるけれど、ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れて、粘膜が弱くなってかゆみを感じやすくなるのが一番多い理由。

:春は新生活、新学期、新年度で新しい環境になり、変化が多いからストレスを感じやすい。この時期の気持ちの落ち込みは「五月病」と言われるくらいだもんね。

ホルモンバランスの乱れが粘膜を弱くする!そのために“保湿ケア”!

:女性ホルモンはほんの少しの心の揺らぎでもバランスを崩す繊細さ。20代でもストレスでおばあちゃん並みの女性ホルモン値の低さになるんですって!

:そんな女性ホルモン不足が粘膜を薄く弱くさせるから、春にかゆみ問題を抱える人が増えるのよね。婦人科系クリニックでは、春にはかゆみ外来の患者さんが増えて大変、って言ってるもの。

:粘膜が弱っているところに、ナプキンやオリモノシートの摩擦でさらに肌に負担をかけるから、かゆみというよりもヒリヒリ感や痛みを感じるようになる。。。

だからこそ保湿をして肌をヘルシーに導くことが大切!軽いマッサージしながら保湿すると、血行も良くなるし、肌のコンディションやターンオーバーも正常になっていくから、粘膜や肌がヘルシーに。それでも焼けるような痛みがある場合は婦人科クリニックでお薬を処方してもらった方がいいかもね。

:春になって医療脱毛やエステ脱毛を始める方が増えて、カミソリなどで自己処理をしてからレーザーを照射するから、肌が痛んだり、乾燥しやすくなって、かゆみを感じる方も多くなる季節。基本的に脱毛の後は、肌が乾燥しやすくなるし、ランジェリーやナプキン、おりものシートで擦れてしまうので、黒ずみリスクも高くなる。

:ボディのどのパーツよりも摩擦が多いデリケートゾーンこそ、念入りに保湿ケアをしなくちゃよね。デリケートゾーンに最適なのがオーガニック処方の保湿ミルク!

きちんと保湿ケアをしてヘルシーな状態を保っていたら、不意に襲われるかゆみがストレスが原因なのか、病気なのかの判断もつきやすいわよね。お客様の声にもあった生理前のかゆみは、肌が敏感になる時期だからデイリーのケアで大きく改善するし、疲れなど免疫機能が落ちることで引き起こされる、膣内の真菌性のかゆみ(カンジタ症)の場合とかもあるしね。

カンジダ症は“頑張り屋さん”ほどなりやすい?!

:カンジタ症は性病のひとつと勘違いしている人も多いけど、ほとんどが頑張り屋さんによくある「お疲れモード」が原因で免疫機能の低下による症状。カンジタ菌は膣内の常在菌でだれもが持っているけれど、その菌が悪さをするのは体が弱っている時。膣内から灼熱感を感じるかゆみは、なかなか人には言えないし、抗生物質のかゆみ止めくらいしか改善の方法がないのが現実。

:抗生物質で菌をアタックしても、完全になくなるわけでないし、何度もぶり返すのがカンジタ症のやっかいなところ。そんなカンジダ症のために、この春に新しいデリケートゾーン用ソープも発売になるから、カンジタ症の予防・対策にアプローチをする新しいフェムテックコスメとして是非使ってほしいわね!

:女性の3大悩みのひとつ、かゆみ問題をデリケートゾーン専用保湿ミルクと、洗浄ソープで解決していきましょ!カンジタ症について、そしてその対策については次回にたっぷり説明させてくださいね!

      

ピュビケアサロン白金台

デリケートゾーン専門のブラジリアンワックスサロン。

ブラジリアンワックス脱毛ではなく、ピュービックエリア(Pubic Area/ アンダ-ヘア周辺)の肌のお手入れもあわせた提案も行っております。

ピュビケアサロン白金台 http://www.pubicare.jp/

        

       

followme
line mail