メニュー

たかくらとくらす Takakura Official online store

マイページ
カート
  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 働く手と小さな手に、モイストリペアハンドクリームでいたわりを
コラム

働く手と小さな手に、モイストリペアハンドクリームでいたわりを

働く手と小さな手に、モイストリペアハンドクリームでいたわりを

水仕事が多い方は、寒い季節特に手肌の乾燥が気になりますよね。また、こまめな手洗いや手指消毒が習慣になっている今は、誰でも手がカサつきやすいです。手肌の乾燥に悩む方のために、made of organicsは「オーガニック モイスト リペア ハンド クリーム」をつくりました。

手肌の特徴・乾燥しやすい理由とは?

手のひらは肌の角層が厚いことに加え、皮脂を分泌する皮脂腺がありません。一方、手の甲には皮脂腺があるものの、その数は顔よりも少ないです。こうした特徴により、手肌は乾燥しやすくなっています。

また、手は衣服に覆われていないため、気温・湿度の低下による影響を受けやすいです。このほか、物に触れることや水仕事、手洗いといった外部刺激が乾燥を招くことも。そのため、手にはこまめな保湿が大切です。

モイストリペアハンドクリームの特長

made of organicsの「オーガニック モイスト リペア ハンド クリーム」は、乾燥・敏感肌のケアアイテムを展開するモイストリペアシリーズの1つ。

シリーズ愛用者からの熱いリクエストにより、昨年誕生しました。

オーガニックのシア脂で手肌の潤いをキープ

このハンドクリームには、同じモイストリペアシリーズの乳液よりもシア脂※1をやや多めに配合。シア脂は“シアバター”とも呼ばれ、その呼び名の通り、バターのようなペースト状の油脂です。シア脂が皮脂の代わりとなって、乾燥した空気などの外部刺激から手肌の潤いを守ります。

※1 皮膚保護剤・保湿剤

シリーズ共通の成分で乾燥・肌荒れを防ぐ

ハンドクリームも含め、モイストリペアシリーズは各アイテムに同じ成分を配合しています。角層に浸透しやすい天然ヒト型セラミド※2が手のひらの厚い角層にもなじんで、肌の乾燥を防止。さらに、キノコや海藻の食物繊維を培養した成分※3や、カモミールのエキス※4、そして米ぬか油※5で、乾燥による肌荒れを防ぎます。

※2 セラミドAP、セラミドNP ※3 アウレオバシジウムプルランス培養液 ※4 カミツレ花/葉/茎エキス ※5 コメヌカ油(すべて皮膚コンディショニング剤)

おすすめの使い方・使うタイミング

水仕事や手洗いのあと、タオルで優しく手を拭いてからモイストリペアハンドクリームを塗りましょう。手を濡れたままにせず、すぐに拭いて保湿することが肌の乾燥を防ぐポイントです。アルコール除菌のあとも肌は乾燥しやすいので、ハンドクリームでケアしましょう。 

カサつきがとても気になるときには、同じモイストリペアシリーズのオイルを少量手になじませてから、このハンドクリームを塗るのがおすすめ。同じ成分を含んだアイテムを塗り重ねると、より濃厚な保湿ができます。   

モイストリペアハンドクリームは生後6ヶ月の赤ちゃんから使用可。大人もお子様も一緒にケアできる処方です。

べたつかず、しっとり柔らかな肌感触に

モイストリペアハンドクリームは、手に収まる大きさのスリムなチューブです。

洋服やエプロンのポケットにスッと入り、ポーチに入れてもかさばりません。

クリームは手に出すと、ツノが立つくらいコクがある印象。

手の甲に伸ばすと、なめらかに広がります。

クリームは伸びが良く、パール1粒分で両手に行き渡りました。

クリームを塗ったあとの肌は、しっとり柔らかな感触。でもべたつきはなく、すぐにスマホやパソコンを触ったり、ペンを持てるような軽やかな使い心地です。

香りはほとんどないので、周囲の方へ匂いの配慮が必要な職場や学校でも使いやすいでしょう。

寒い季節のマストアイテム

大人の働く手から子どもの小さな手まで、みんなの手を乾燥から守るモイストリペアハンドクリーム。シンプルなパッケージで香りも気にならず、誰でも使いやすいので、プレゼントにもおすすめです。がんばる手を日々の保湿でいたわり、寒い季節を乗り越えましょう。

文・写真:コスメコンシェルジュ/コスメライター 鳴海千穂

   

ご紹介いただいた商品はこちら

     

made of Organics

オーガニック モイスト リペア ハンド クリーム 30g

<30%リサイクルチューブ>

より乾燥が気になる手指に。ご要望にお応えして新登場。

¥1,430(税込)

       

       

       

followme
line mail