たかくらとくらす Takakura Official online store

  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 夏場の散歩はアスファルトに注意。愛犬の肉球をケアできるグッズをご紹介。
コラム

夏場の散歩はアスファルトに注意。愛犬の肉球をケアできるグッズをご紹介。

夏場の散歩はアスファルトに注意。愛犬の肉球をケアできるグッズをご紹介。

毎日30度を超え、日差しも強い日々が続きますが、皆様、愛犬のお散歩はどのようにお出かけしてますか?犬に散歩は欠かせませんが、夏のアスファルトはとても危険です!どのように危険なのか・・・対策や保護の方法をご紹介します。

夏場の散歩時のアスファルトの危険性

最近の日本の夏期の気温は上昇傾向にあり、真夏になると都心でも35℃を超える日も珍しくありません。靴を履かず、人間よりも身長が低い犬たちは暑い日の地面の温度をダイレクトに受け、まるでフライパンの上を歩いているような状態になります。そんな状態が続けば、必ず肉球は火傷をしてしまいます。火傷は大きな痛みを伴いますし、傷口から感染症を起こす可能性もあります。

火傷してしまった肉球はどうなるの?

火傷してしまった肉球は、皮がめくれ、真っ赤に爛れます。ひどい状態になると皮膚を切り取るなど愛犬に負担がかかる治療が長く続くことになります。また、犬の肉球は元々黒かったり茶色かったり、人間の皮膚に比べるとなかなか判断がし辛く、「これくらいなら大丈夫」と思っていたら実は大変な火傷状態だったということもあるかもしれません。

以下の症状はみられる場合も要注意です!

・歩くことを拒否する
・肉球に赤みや黒み
・肉球に腫れや水疱
・過度の足舐め、足かじり
・肉球がカサカサ・ひび割れしている

火傷はゆっくり進行するものです。時間をかけて徐々に細胞組織を壊死させていく恐れもあります。このような症状が見られる場合は、必要に応じて獣医師に相談してみましょう。

夏場のアスファルトの対策方法をチェック

・10時~19時はお散歩に出かけるのを避ける
日差しが弱くなり涼しくなっていても、日中の間ずっと陽に当たっていたアスファルトはまだ熱を持っています。

・自分の手でアスファルトの温度を確かめる
人間が熱いと思う温度は当然犬にも危険な温度です。手のひらをアスファルトにしばらくつけて確認することをオススメします。(自分が火傷等しないようご注意ください。)

・アスファルトを避ける
芝生や土を歩かせ、なるべく日陰を選んでお散歩をしましょう。

・肉球ローションを塗って肉球を保護してあげたり、犬用の靴やソックス履かせる

お家についたら肉球チェック

肉球が火傷をしないように対策をするのと同じくらい大切なのは日々の観察です。まずは感染予防のためにも肉乳をきれいに洗浄、除菌しましょう。

上記でも説明した通り気が付かないうちに火傷になってしまう事を日々のチェックで回避しましょう。

・まずは肉球をきれいに洗浄・除菌
・赤くなっていないか
・腫れたり、水膨れになっていないか
・犬が足の裏を気にしていないか

犬が火傷している場合、まずは患部を冷やしましょう。流水で冷やし、患部を清潔に保ってください。十分冷やしたら、患部を清潔なガーゼやタオルで保護し、動物病院に連れて行きましょう。

ケアグッズでこまめにお手入れしよう

火傷をすることはなくても、夏のアスファルトや芝生、土はどうしてもいつもより熱くなります。また、季節は関係なく歩く場所が肉球にダメージを与える場合もあります。お散歩から帰ってきたらこまめに汚れを落とし、除菌した肉球をしっかりと保湿してあげてください。

お散歩後の愛犬の身体のふき取りにもおすすめ

肉球の洗浄にオススメ!水から生まれた消臭除菌スプレーが、愛犬をキレイにするだけじゃなく、99.9%強力除菌してくれます。塩素、殺菌成分、保存料、防腐剤不使用でペットが舐めてしまっても安心!

A.P.D.C. CLEAR

キレイウォーター 無香料

300mL ¥1,760(税込)

定期コース ¥1,672(税込)

お散歩後の保湿で肉球を守る

天然の保湿成分マカダミアナッツオイルやマンゴー種子オイルをたっぷり配合し、浸透性が高く、つけた後は、ふっくらと水分を含んだ肉球に。

A.P.D.C.

ポウ&エルボウローション 125mL

¥1,760(税込)

肉球をなめてしまう子にも安心な天然由来成分100%

カレンデュラ、シアバター、アロエベラなどの15種類以上の植物エキスをたっぷり配合した犬用オーガニックローション。

made of Organics for Dog

オーガニック スキン ローション モイスト&リペア

50mL ¥2,200(税込)

まとめ

火傷やケガをしてしまったり、いつの間にか乾燥によりカサカサになり、ひび割れしてしまった肉球は柔らかかった頃に戻ることはありません。硬くなりカサカサになってしまった肉球は滑りやすくそれを気にしながら歩いていると犬の骨格にまで影響することも・・・。火傷などの危険を避け、清潔を保ちしっかりと保湿するなど愛犬との毎日がより良い日々になるよう肉球をしっかりと守っていきましょう。

followme
line mail