たかくらとくらす Takakura

  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 2015年6月8日(火)第2回だいじょう部 部活「だいじょうぶなもの《スキンケア編》」を開催
column

2015年6月8日(火)第2回だいじょう部 部活「だいじょうぶなもの《スキンケア編》」を開催

2015年6月8日(火)第2回だいじょう部 部活「だいじょうぶなもの《スキンケア編》」を開催

今回で2回目となっただいじょう部の部活動。今回のテーマは「スキンケア」ということで、ゲストにビューティーディレクターの新井ミホさんをお迎えしました。

ビューティーディレクター 新井ミホさん

前半部はゲストの新井さんと、「だいじょう部」の発起人である弊社代表高倉による対談です。

第1部 だいじょうぶなスキンケア対談 

新井さんにとっての「だいじょうぶなスキンケア」をお聞きする前に、美容業界に携わるようになったきっかけから現在にいたる経緯、これまでに印象的だった肌トラブルに関するエピソードなどをうかがいましました。

対談の中で、高倉の考え方として「自分は決してケミカルを否定しているわけではない。
大切なのは、商品のことをよく知って必要に応じて使い分けること、意識的に『選ぶ』ことだと考えている」といった話がありましたが、ドクターズコスメのPRを経てオーガニックブランドのPRも経験された新井さんも同意見。

人生の様々な変化に添うようにして起こる体調の変化や肌トラブルを経験し、その都度じっくり自分自身や使用するアイテムを熟慮して向き合ったからこそ導き出された答えなのかもしれませんね。

そして新井さんにとっての「だいじょうぶなスキンケア」のご紹介。
最先端のサイエンスと植物の力を兼ね合わせたハイブリッドコスメや、極上な天然の香りのオーガニックローション、沖縄の天然塩など、経験豊富な新井さんならではのアイテムをご紹介いただき、部員のみなさんも興味津々。質問が飛び交いました。

第2部 だいじょう部発表会

そして第2部では参加部員の方々に、その方の考える「だいじょうぶなスキンケア」とその理由をご紹介いただきました。

今回参加していただいた部員の方々は、たまたま美容関係のお仕事をされている方が多かったこともあり、発表を交替するごとに。

今まで知らなかった成分や商品、お肌のお手入れ方法などが発表され、大変盛り上がりました。

▲小松和子さんも部員としてご参加くださいました!

「何をもってだいじょうぶとするか?」は、成分への信頼、メーカーの姿勢、自分の肌との相性など、それぞれに異なります。
ご自身の肌トラブルや体調不良がきっかけとなって試行錯誤した結果、現在の「だいじょうぶ」に至ったという方もいらっしゃいました。(ちなみに私自身もそうです。)

最後は高倉も交えて肌に有効な食生活の話題でも沸きました。こんなふうに、和やかに皆さんで話し合えるのも少人数の「だいじょう部 部活」ならではの楽しみです。

Written by PR たかはしあずみ