調査結果

ハチミツ・ハーブ液の黄色ブドウ球菌・肺炎レンサ球菌の効果確認試験結果

ハチミツ・ハーブ液の黄色ブドウ球菌・肺炎レンサ球菌の効果確認試験結果

ハチミツの一般的に知られる効能(殺菌・抗菌作用)

ハチミツは古代から生薬として認められ、世界各国、様々な文明でも抗菌力・殺菌力は認められ治療のために使用されていました。

ハチミツの体力回復、整腸作用・便通改善、解毒・殺菌作用の効果があると言われており、その他にも免疫アップ、エイジングケアなども期待できます。

体力回復

食べたものの多くの糖類は最終的に果糖やブドウ糖に分解され、体内へ吸収されますが、ハチミツの糖分はもとからこの果糖とブドウ糖。つまり、消化する手間や負担をかけずに、ダイレクトにエネルギーとして吸収されるのです。

整腸作用・便通改善

はちみつに多く含まれるオリゴ糖とグルコン酸は、善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制してくれます。こうして善玉菌が腸の中で優位になると、腸の蠕動(ぜんどう)運動が適度に促進され、お通じを良くしてくれます。

解毒・殺菌作用

はちみつは80%という高い糖度を保っているため、細菌が繁殖できません。はちみつにはブドウ糖由来の過酸化水素(別名オキシドール)が含まれており高い殺菌効果を発揮します。

試験目的

弊社で作ったハチミツ・ハーブ液の黄色ブドウ球菌・肺炎レンサ球菌に対する効果を確認するために実施しました。

試験材料および試験方法

1. 供試検体

ハチミツ・ハーブ液

2.供試ウイルス

1)黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus ATCC29213

2)肺炎レンサ球菌 Streptococcus pneumoniae ATCC49619

3.区制

供試菌検体検査時点(分)
黄色ブドウ球菌対照
試験
滅菌生理食塩水
試験資材
0、1、15
1、15
肺炎レンサ球菌対照
試験
滅菌生理食塩水
試験資材
0、1、15
1、15

4.試験方法

① 検体10mLを試験管内に用意した。

② 検体の中に各菌液を0.1mL接種した。なお、接種直後はボルテックスミキサーにより1秒間攪拌を行い、その後検体は25℃で静置した。

③ 対照区は、接種後0分(直後、1分及び15分において、菌液を接種した検体を試験管から採取して別の試験管に分注し、滅菌生理食塩水で10倍階段希釈した。

④ 試験区は、接種後1分及び15分において、検体を試験管から採取して別の試験管に分注し、滅菌生理食塩水で10倍階段希釈した。

⑤ 希釈液を各寒天培地(以下参照)に塗抹後、以下の温度及び時間で培養した。

菌種培地名培養温度(℃)培養時間(時間)
黄色ブドウ球菌ハートインフュージョン寒天培地35±218
肺炎レンサ球菌羊血液寒天培地35±224

⑥培養後、発育したコロニーから菌数を測定した。

菌液接種後1分及び15分の菌数測定結果において、対照区に対する試験区の減少率(%)を算出し、効果を確認した。なお、本試験において減少率は以下の式で算出した。 減少率(%)=(1-対象区/(対象区-試験区))

試験結果

1)黄色ブドウ球菌

表1:菌数測定結果:黄色ブドウ球菌

検査時点(分)対照区試験区減少率(%)
05.7×10 5
14.8×10 54.3×10 491.0
153.5×10 5<1.0×10>99.99

単位:cfu/mL

図1:黄色ブドウ球菌数(対数)推移

2)肺炎レンサ球菌

表2:菌数測定結果:肺炎レンサ球菌

検査時点(分)対照区試験区減少率(%)
01.7×10 5
11.2×10 5<1.0×10>99.99
151.1×10 5<1.0×10>99.99

単位:cfu/mL

図2:肺炎レンザ球菌数(対数)推移

考察

ハチミツ・ハーブ液の黄色ブドウ球菌・肺炎レンサ球菌に対する効果があることがわかった。