メニュー

たかくらとくらす Takakura Official online store

マイページ
カート
  1. HOME
  2. 読みもの
  3. 秋のムズムズ対策|意外と知らない海藻の力

秋のムズムズ対策|意外と知らない海藻の力

秋のムズムズ対策|意外と知らない海藻の力

日頃より、当サイト並びに「だいじょうぶなもの」をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

この度、秋のムズムズ対策のサポートになればと、「ツルアラメ1か月お試しセット」が半額でご購入できるキャンペーンを実施いたします!

市販薬が手放せない方も、市販薬+海藻で、秋のムズムズを乗り越えましょう!

キャンペーン概要

ツルアラメ14粒を4つセットにした「ツルアラメ1か月お試しセット」が、通常価格、3,888円(税込)のところ、半額の1,944円(税込)でご購入頂けるキャンペーンを開催いたします!

まだ、ツルアラメをお試しになっていない方は、ぜひこの機会にお得にお試しください!

キャンペーン対象商品

だいじょうぶなもの

【先着50名様|1か月お試し】隠岐の西ノ島 ツルアラメ サプリメント<14カプセル×4袋>

1,944円(税込)

意外と知らない海藻のチカラ

豊富な水溶性食物繊維が効果的にとれる!

 食物繊維には、第6の栄養素と呼ばれ、満腹感を高めたり、排便をスムーズにする働きをします。さらに、食物繊維には、コレステロールの排出を促したり、血糖値の急上昇を抑える働きもあり、生活習慣病の予防・改善に役立ちます。わかめサラダやひじきの煮物などを1品食べる場合、1人前で海藻が約10〜20gほど。含まれる食物繊維の量は3g程度になります。食物繊維の中でも、水溶性食物繊維は摂取が難しいのですが、海藻は水溶性食物繊維が多く含まれる貴重な食品です。※1

日本の成人が1日に摂っている食物繊維はおよそ18gで、目標摂取量は20gですから、1日1品海藻を使ったおかずを追加するだけで目標量を達成が可能です。※2

※1 厚生労働省.国民健康・栄養調査結果の概要  ※2 e-ヘルスネット.食物繊維の必要性と健康

腸内環境を整え、免疫アップ

 1万5000年前、私たちの祖先は1週間に150種類ほどの食品を定期的に食べていたといいます。現在はそれが20種類未満。加工食品の大半の材料はトウモロコシ、大豆、小麦、肉という、4種類の材料のいずれかしか使っていません。その結果、食べる食材の種類の減少に比例して、食物繊維の摂取量も減少しています。

 食物繊維の摂取量が少なくなったことにより腸内細菌のエサが少なくなり、腸粘膜を守る腸内細菌が激減しています。さらに腸内細菌の種類の減少と腐敗菌(悪玉菌)が発する有毒ガスが腸粘膜の細胞を傷つけることで腸の粘膜に穴が開き、ここから毒素や腐敗物、病原菌、ウイルス、微生物、未消化の食べ物などが血液中に漏れ出し、血管内で炎症が引き起こされた結果、アトピーやアレルギー症状が発症するのです。

 免疫細胞の70%は、腸に集中しています。腸内細菌のエサとなる発酵性食物繊維が豊富な海藻を食べて腸内細菌の多様性を高めることがとても大切です。また、腸内細菌が食物繊維を食べることで腸内環境がよくなり、大腸がんの予防になるなども言われています。

 また「フコイダン」は善玉菌の大好物。フコイダンは硫酸多糖の一種でメカブ、モズク、コンブなどの褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維善玉菌は水溶性食物繊維のネバネバ海藻を食べ、悪玉菌の働きを抑え、腸管内膜の修復・補修を行い、腸内環境を良くします。腸内環境が良くなると、免疫力が向上し、さらに生活習慣病予防や肥満防止、便通の促進効果もあります。

豊富なミネラル

 海藻には、体内では作ることができないミネラル成分、鉄分、カルシウム、ヨウ素などのミネラルが豊富に含まれています。そのため、食事からバランスよく摂取しなくてはなりません。※3

鉄分は、貧血予防に有効で、特に女性は月経前~月経中だけでも鉄分を多めに摂取しておきたい成分です。海藻の他には、レバーやほうれん草などから摂取できます。

カルシウムは、骨の健康や神経の安定に重要な栄養素。骨密度は20歳ごろをピークに下がるので、子どものうちからしっかりカルシウムを摂る必要があります。牛乳などの乳製品はアレルギーや乳糖不耐症の心配があります。わかめご飯やお味噌汁など子どもにも食べやすいメニューでカルシウムを摂取しましょう。また、女性は更年期以降、エストロゲンの減少により体内でのカルシウムの精製ができなくなり、骨粗鬆症になりやすくなりますので、週に2回くらいは意識して食事から摂取するのがおすすめです。※4

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの材料です。日本人の摂取するヨウ素の8割は海藻から摂取しているといわれています。甲状腺ホルモンは、心臓や血圧の調節をしたり、神経系を正常に働かせたりと、重要なホルモンの1つです。不足しても過剰になってもいけません。海藻のほか、乳製品や卵、魚介類に多く含まれるため、ヴィーガンの食生活をしている方は不足しがちです。ただし、更年期以降の女性と、甲状腺の病気でホルモン剤などの処方がされている方は、海藻摂取により過剰になることもあるため、週に2日程度の摂取がよいとされています。

マグネシウムやカリウムは、高血圧の原因になる塩分のナトリウムを排出させる作用があるため。また、カリウムにも塩味があるため、高血圧予防に繋がります。減塩の食事でも海藻を入れることで美味しく食べられるというメリットもあります。

※3 e-ヘルスネット.ミネラル ※4 e-ヘルスネット.骨密度 

※5 海藻摂取と甲状腺がん発生との関連について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター がん対策研究所 予防関連プロジェクト (ncc.go.jp)

美容効果の高い「フコキサンチン」

 わかめ、モズクなどに含まれる成分にフコキサンチンがあります。人工的に合成することができず、海藻類以外にはないので貴重な成分です。実際に、肥満の成人女性で体重や体脂肪、肝臓の脂肪、血中のコレステロールの減少が認められています。※6

さらに、糖尿病の程度を示すHbA1cを改善する、紫外線による皮膚の老化を抑えるなどの効果も報告され、皮膚の老化に関しては、シワの発生を抑える、皮膚が厚くなるのを防ぐ、コラーゲンの減少を抑えるなどが関わっているようです。

※6 The effects of Xanthigen in the weight management of obese premenopausal women with non-alcoholic fatty liver disease and normal liver fat.M Abidov et al.Diabetes Obes Metab. 2010 Jan;12(1):72-81.

※7 Nordic Seaweed and Diabetes Prevention: Exploratory Studies in KK-Ay Mice.Lasse E. Sørensen et al.Nutrients. 2019 Jun; 11(6): 1435.

※8 皮膚に対する作用に注目した食品機能成分の評価.菅原達也.Trace Nuture Reaserch 32:72-77.2015.

抗アレルギー効果の高い「フロロタンニン」

 海藻ポリフェノール=フロロタンニンとは昆布やワカメにはほとんど含まれず、大型の褐藻類に多く含まれる成分であり、ツルアラメに非常に多く含まれているポリフェノールです。苦味や渋味の元となり、その苦味渋味によって海藻自身がウニやサザエ、アワビの食害から防御するために分泌しています。陸上植物には含まれない海藻特有の成分です。この海のフロロタンニンは、食品成分として有用であることがわかりました。

フロロタンニンには多くの有用性があり、陸上植物のポリフェノールと同様、抗酸化性、抗アレルギー性、抗炎症性、抗菌性、抗アルツハイマー病作用などの生理機能が報告されていますが、さらに、海藻ポリフェノールには、アンチエイジング(しみ・シワ予防)、抗メタボ、糖尿病予防と、特に抗糖化性が注目されている成分です。

フロロタンニンはアレルギー炎症反応を引き起こす炎症関連酵素(PLA₂、LOX、COX-2、HA)などを阻害し、フロロタンニンによる化学メデイエーターの合成・分泌の抑制により、痒みを抑えることが実験で証明されています。

データ出典:「島根県西ノ島町産ツルアラメの製品原料における抗アレルギー効果の実証研究」H31水産学会春季大会 /「島根県西ノ島町産の褐藻ツルアラメに含まれる抗アレルギー成分の単離・同定」H30日本農芸化学会大会 /「西ノ島町産ツルアラメの高付加価値化に向けた抗アレルギー効果に関する実証研究」H29水産学会春季大会 / アグリビジネス創出フェア2017・第33回技術交流セミナー「海藻に含まれるポリフェノール成分とその抗アレルギー作用」国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産大学校食品科学科 杉浦義正ら を改変

ツルアラメとは

【ツルアラメについての詳しい情報はこちら】https://tsuruarame.jp/

高栄養価が注目される、食用海藻。

ツルアラメとは食用海藻である褐藻の一種で、主に九州北部から青森周辺にかけての日本海沿岸に生息しています。

胞子による増殖に加えて、日本のコンブ科の藻類の中では唯一匍匐枝による増殖を行うため繁殖力が強く、ツルアラメが繁茂すると「藻場」として様々な魚介類を育む場となります。

ウニが天敵でその忌避成分としてポリフェノールを多く含み、また粘りの元であるアルギン酸、フコイダンを多く含むなど、栄養価は高いことでその活用法が研究されていました。

また大きく成長したものは苦味が強く食用には向かなかったのですが、その高栄養素が注目され、2005年より食品としての商品化が可能となったあたらしいサプリメント成分です。

春&秋をすっきり過ごすための「海藻ポリフェノール」

海藻ポリフェノール=フロロタンニンとは昆布やワカメにはほとんど含まれず、大型の褐藻類に多く含まれる成分であり、ツルアラメに非常に多く含まれているポリフェノールです。

苦味や渋味の元となり、その苦味渋味によって海藻自身がウニやサザエ、アワビの食害から防御するために分泌しています。陸上植物には含まれない海藻特有の成分です。

この海のフロロタンニンは、春や秋のムズムズサポートとして有用であることがわかりました。

水産の町、西ノ島のツルアラメを選ぶ理由

日本海の暖流と寒流が混じり合う豊富な漁場がある西ノ島は、豊かな水産資源を誇る水産の町。豊富で有用な水産資源の中でも食用海藻である褐藻ツルアラメに注目し、町をあげて研究を行い、その有用性を見出しました。

日本海の美しい環境の中で育まれるツルアラメは、豊富な海藻ポリフェノールを含んでいます。この西ノ島産ツルアラメに注目した西ノ島町は、町をあげてこのツルアラメの普及に取り組んでいます。

海洋生物資源の保護に配慮した収穫

西ノ島では、海洋生物資源の保護に配慮したツルアラメの採取技術、造成技術を研究・確立し、天然ツルアラメ資源への採取圧を考慮した藻場造成を行っています。

収穫にあたっては、熟練の漁師が船の上から手作業で収穫するカナギ漁法を行っています。

保存料不使用の自然派カプセル、プルラン。

一般的なカプセルは動物由来のコラーゲンが主原料のため、一部の方にゼラチンアレルギーがでる可能性がありますが、私たちは毎日摂るものだからこそ、できるだけカラダに影響のない植物性のカプセルにこだわりました。

使用しているのはタピオカ(キャッサバ芋)を発酵させた「プルラン」を使用した植物由来のカプセル。動物性のゼラチンカプセルと同等の崩壊性と融解性を保持し、優れた酸化防止特性と安定性をもちます。グルテンやデンプンを一切含まず、保存料不使用、非GMO、カプセルの成分はGRAS※確認済というナチュナルなカプセルです。

※GRAS(グラス)は、アメリカ食品医薬品局(FDA)より食品添加物に与えられる安全基準合格証。

海藻習慣で秋でもすっきりな生活を!

現代人の食生活で、中々取りずらい食物繊維やミネラル、フコイダンや海藻からしかとれないフロロタンニンやフコキサンチン。わずかな海藻を食事に取り入れることでこれらの豊富な栄養分がとれる海藻は、様々な生活習慣病や免疫力アップのためにもとりいれたいものです。しかし、海藻さえ中々とれないという方には、海藻粉末100%のツルアラメがおススメです。1日2粒で海藻生活を手軽に始めましょう!

だいじょうぶなもの

【先着50名様|1か月お試し】隠岐の西ノ島 ツルアラメ サプリメント<14カプセル×4袋>

1,944円(税込)